2018年1月22日月曜日

一刻もはやくだったときと、ちょっとだけのとき

日曜日は週明けの雪に関するニュースを細かくチェックしながら過ごしました。

前日、少しお洋服を買ったので、それを収納すべく朝から断捨離をしてクリーニングに行って、お使いをして、気付けば歩数は1万歩越え。健康的です。

雪による混乱が起きないことを祈ります。

これは1月の前半、仕事終り遅くに母と合流した日、母はお腹の空き具合が限界らしくいつものお鮨やさんへと駆け込みました。

すしまるさんです。

私はいつも通り瓶ビールでスタートです。


つぶ貝焼きが出来上がるのを待ちます。毎回このテーブル七輪が可愛いと話題になります。

でも買ったところで家では絶対やらないよねというところまでワンセットです。


お刺身はお任せの盛り合わせです。マグロにトリガイ、白身にタコ等少しずつ色々が楽しいです。


活き車エビの塩焼きは母の好物、この日は2本オーダーしましたが、写真を撮る間もなく1本は食べられてしまいました。


特上盛り合わせ1人前、握りはいつもおつまみを食べ終わった後にお願いしていますが、

この日はお腹が空きすぎていたみたいでお料理と同時にお願いしました。


ぱくぱくぱくとテンポよく2、3貫食べてようやく落ち着いたようです。

それにつられて私もいつもより早く瓶ビールを飲み干し、2本目をオーダー、

後で呑むの早かったでしょと聞いたらいつも通りじゃないのと(苦笑)

この日はこんな感じで急ぎの食事でした。

後日、こんどは14時半過ぎという中途半端な時間に合流、ふたりともお昼がまだでしたが、がっつりは食べたくない時間です。

でも少しは食べたい(私は呑みたい)ということで通し営業のお店へと向かいます。

栃木のいっちょうさんです。定食から一品料理、デザートとなんでもありで、お酒もあるし、個室なのでまわりが気にならないのがいいです。

お店の造りが遊郭風ですが、チェーンの居酒屋さんです。


メニュー数が多くて色使いやレイアウトが攻撃的でいつも笑ってしまいます。

そしていち早くビールを呑んでいるのが私です。


まぐろは少し水っぽいですが、まずまずといったところでした。


きゅうりの一本漬けはあるとつい手が伸びます。


馬肉のユッケ、よーく混ぜて混ぜて、こちらも美味しいです。


軽くの筈がメニューを見たらお腹が空いたのかなぜかすき焼き御膳をオーダーする母(笑)

私は何のツッコミも入れてないのですが、お夕食をずらすか控えると宣言しておりました。


この後電車で帰京したので、母の宣言の結果がどうなったのかは不明です。

ーーー
おまけ

このところのお家ワイン



どちらも1000円くらいとお手頃です。


しばらくテンプレです↓
*2月に台湾旅行に行くことになりました
初!台湾です。おススメ情報ありましたら教えてください*


2018年1月19日金曜日

寝る場所があると安心です

ホスピタルインを確保しまして久しぶりの壬生呑みです。

歩いて行ける距離に寝る場所を確保してあると安心して呑むことが出来ます。

てくてくと駅の反対側に進み鮮魚店が併設されているお魚の美味しいお店を訪問しました。


前回訪問時から少し開いていましたが、女将さんが顔を覚えていてくれました。

席に着くなり瓶ビールをお願いしてうなぎ上りなテンションを落ち着けます。


本日のおススメは気になるものばかりです。どれも美味しそうで迷ってしまいます。

そして今度来るなら複数で来て鍋を食べようと心に誓いました。


一品料理に豊富に揃っています。魚貝はもちろん、お料理もきちんとしているのがふじたさんが素敵なポイントのひとつです。

この他、ひれかつやもつ煮などお肉系のメニューもあります。定食も充実しており、ランチを利用したことのある母曰くとても賑わっているそうです。

夜もお酒とお料理ではなく、がっつり定食を食べている学生さんを見かけます。


悩んでいるうちにお通しがきました。イカ大根、大根の色が飴色で味が沁みているのが見ただけでも分かりました。

食べるとなんともほっこりとした心持ちになります。


座ったテーブルが日本酒の近くでした。


メニューにも厳選の美酒として掲載されています。おススメメニューの裏側にもスペシャルな銘柄が記載されていました。


迷った末のオーダーはまずおススメにあった殻付生カキです。ぴかぴかしてとても美味しそう。これが2個で540円なんてうっとりしてしまいます。


日本酒に切り替えました。辛口のものが呑みたかったので麒麟山吟醸辛口をお願いしました。新潟のお酒です。


2品目は一品料理からお刺身の盛り合わせをお願いしました。普通、上、特上とありますが、次にいつ訪問できるか分からないのでここは迷わず特上です!特上でも1080円ですしいいんです(←なにが?)。


甘海老にホタテに白身にマグロにと食べたかったものが全部乗っているという光景に感動しました。

口に運ぶ度に心の中で美味しいと呟きながら日本酒も2杯目をお願いしています。

2杯目は越乃景虎にしました。こちらも新潟のお酒、するすると呑めるもお米の旨みを感じます。

もう少し何か摘まんでお酒も、と思ったところで新規のお客様がご来店、どうやらテーブル席希望も運悪く埋まってしまっています。

ひとりでテーブルを使っているのも申し訳なく、ちょうど2杯目を飲み干したところだったのでお会計をお願いしました。

美味しいお店は譲り合いが大事、ちょっと残念だけれどいくら寝る場所があるといっても呑み過ぎはダメという天の啓示かもしれませんので。

といいつつ、コンビニによってちゃっかりお酒を買い込んだのが私です(笑)

お部屋呑みして、朝までぐっすりでした。



しばらくテンプレです↓
*2月に台湾旅行に行くことになりました
初!台湾です。おススメ情報ありましたら教えてください*

2018年1月18日木曜日

局所的話題のスポットを体験しました

着工から話題になっていましたホテルがいよいよ2018年1月に開業ということでさっそく泊ってきました。

なーんて書いてみますとどんな高級ホテルかのようになりますが、

その実はビジネスホテルです(笑)壬生の大学病院敷地内に建設されたホスピタルインは

主に病院に何かしら用事がある方をメインターゲットとし、全面バリアフリーとなっています。

入院患者向けの宿泊施設というと有名なのが小児の入院患者とその家族のためのドナルドマクドナルドハウスがあります。

寄付とボランティアでの運営で、県内だと自治にはこれが併設されています。

余談ですが私は東大本郷のボランティアに参加中です。

今回のホテルは小児に限らずです。メインは病院関連だけど、病院になんら用事がなくても宿泊可能です。

初宿泊はひとりですが、ツインに案内されました。泊った翌日撮ったので手前の布団がやや乱れているのが情けない感じで申し訳ないです。

ベッドわきに鏡台がしつらえられており、ドライヤーや拡大鏡などが置いてあります。


鏡の隣には壁掛けのテレビがあります。500円で映画見放題だそうです。


水回りはユニットバスになっています。お部屋と水場の境に段差がありません。

でも車椅子利用を想定しているならばもう少しゆとりがあってもいいのかなと思いました。


お湯の出は問題なかったです。出来たばかりとあってお部屋も水回りもすごく綺麗で快適でした。

ということで別日にシングルルーム(デラックスシングル)にも泊ってみました。


学習して寝る前に撮影しました。さすがデラックス!ベッドが大きいです。

鏡台や水回りはツインのお部屋と同じでした。

その他共通点としては湯沸しポット、ティーバッグのお茶、加湿器、冷蔵庫などです。

実は早くももう1泊予約しており、母とデラックスツインに泊る予定です。

2月末まではプレオープン期間でお得な料金で宿泊できます。

優雅なホテルステイとは程遠いですが、新しいコンセプトのホテルとのことなので体験してみてよかったと思います。

現在は朝食のみですが、いずれレストランも中に出来るらしいです。

とはいえ私はおもちゃのまち呑みが目当てというところもあるので…呑んだ話もまた改めて書きたいと思います。

しばらくテンプレです↓
*2月に台湾旅行に行くことになりました
初!台湾です。おススメ情報ありましたら教えてください*

2018年1月17日水曜日

明けて早くも訪問です

2017年の最後の投稿はくるみの木さんでした。

年明けも既に訪問しています。

この日は父の命日、朝一でお墓の掃除を済ませ一度帰宅し、館林のJA直売所のぽんぽこさんでお花を購入しました。

お墓参りといったら白や黄色の菊が定番なのでしょうが、

綺麗な色や派手なものが好きだった人なので大振りのカサブランカに菊はピンクと藤色でぱっと明るく華やかに。

母とふたり「らしいね~」と笑ってしまいました。

無事一仕事終えてランチに向かったのが古河のくるみの木さんです。

古河の街に入ると結構な人出、七福神めぐりをやっていました。

お店もランチタイムとあって一見さんや常連さんで混みあっています。入れ違いで空いた小上がりのテーブル席に座りメニューを見ますが結局はおまかせでとなりました。



混んでるから取り敢えずこれ食べて待ってて~はイタリアンのお店ですが自家製のお漬物(笑)これが妙に美味しいのです。


白菜漬けに白ワイン、いつもはグラスなみなみについでなのですが、とうとうボトルできました。お会計の際に何杯呑んだか自己申告です。


定番の自家製ソーセージ、今回はポトフ風のコンソメ味です。マスタードを付けて頂きます。ソーセージはお家へのお土産用にテイクアウトもお願いしました。


2品目は恐らく初めてのお料理です。2種のパテ、すでにひとつ母がつまんでおります。

鶏と豚のレバーだったかと。


これは比較的いつも頼みます。チーズたっぷりのキッシュです。


最後は牡蠣のオーブン焼きでした。今年は牡蠣が当たりの年らしく、大振りで美味しいです。

牡蠣好きとしては何とも幸せな冬を過ごしております。

香草とトマトのソースとの相性も抜群でした。


命日に父も好きだったお店で食事、忙しい中軽妙なトークをとばしてくれるマスターのおかげでしんみりせず、楽しい食事になりました。

食事の後、近くの青木酒造さんに立ち寄り、こちらでもお土産を購入します。


大吟醸をはじめ、煌びやかな瓶が並んでいます。お家で気軽に飲みたいので特別純米にしました。

透明感があってすっきりした飲み口で気に入っています。冷やでも燗でも○だそうですが毎回冷やで頂いています。

合せるお料理にも困らないお気に入りのお酒です。


もう1本は2018年の新酒です。ふくよかながらも後味はがつんと原酒とのこと、

今週末にでも呑もうと思っています。


この買い物で火がついたのかお家の日本酒ストックが切れかけなのにかこつけて

会津の日本酒をぽちっとしたのはここだけの話です。

----
おまけ

イチゴのシーズンがやってきました。

色々な品種がありますが、シンプルにイチゴだけで頂くならとちおとめ!と思ってしまうのは地元ひいきなのでしょうか(笑)


しばらくテンプレです↓
*2月に台湾旅行に行くことになりました
初!台湾です。おススメ情報ありましたら教えてください*


2018年1月16日火曜日

日頃の行い気を付けましょう

昨年は7月、休日ランチの後にたまたま遭遇しました。

今回はお仕事帰りです。千住にある勝専寺(赤門寺)さんの縁日にふらりと立ち寄りました。

毎年1月と7月の15日・16日に行われ、この日のみ閻魔さまが開帳されます。


決して広くない参道は両脇に屋台がずらりと並びます。

特に小さい子たちの目の輝きといったらね。

夜に出歩くというだけでも非日常でしょうし、ましてやこの雰囲気では高揚すること間違いなしです。

大人である私も年甲斐もなく歩くだけでわくわくしてしまいました。

最近は屋台も多種多様、多国籍です。歩いているとものすごくスパイシーな香りが漂ってきたりして。そんな中、昔ながらのお店を見るとちょっとだけほっとします。


狙うなら大物でしょうか。一度も獲れたことありません。


ゆっくり屋台見物でもしたいところですが、すごい人出、流されるままにまずはお詣りを済ませることにしました。


まずは本堂に詣りました。本尊に向けてしっかり手を合せます。


続いては本日の主役である閻魔さまへと向かいます。さすがの迫力です。

頭の中では某アニメの地獄の沙汰も君次第が無限ループ(笑)


272もある地獄、きっとどこかに引っかかるのでしょうが、日頃の行いに気を付けようと改めて思いました。

混雑する中、屋台に後ろ髪をひかれつつも抜け出し、何だかこんな夜は老舗の店に行きたい気分です。


飲物はボール、焼酎の炭酸割りは下町を代表するお酒のひとつであります。

うしろに1杯目のグラスが…(笑)ちょっと1杯とはなりませんでした。


あてにこの時期美味しいかき酢をお願いしました。カウンターでは同じようにひとり呑むサラリーマンが並んでいて何だか落ち着きます。


下町の夜にしっかり浸ってしまいました。


----
おまけ

下町もいいですが、銀座もね


新春の歌舞伎座は大入のようです。

これだけあれば浴びるほど呑むという煩悩が叶いますね。

閻魔さまごめんなさい。