2017年12月15日金曜日

ゆあーん、ゆよーん

ゆやゆよん

昨今、文豪ブームのようです。

もともと日本の近代文学が好きだったこともあり(小6のときの読書感想文を尾崎翠の「第七官界彷徨」で書いたのが私です)、漫画やゲームでメジャーになって、

企画展などが増えるのは大変嬉しく思っています。

我が家からは樋口一葉記念館が近いので、何度行ったかしれません。

12月のコラボ企画も近日訪問する予定でいます。

今年の新潟旅行で時間があれば坂口安吾関連を廻りたかったのですが…如何せん同行者が無関心いつかひとりでゆっくり再訪したいと思います。

そんな文豪に関する本で大好きな街歩きが楽しめる本を読んでいます。



2冊あります。文庫ですが、お値段1620円と少しお高め、自分的にはその価値がある内容と思いました。

読み物としてとらえることもできますが、作者の野田さんの細やかな調査、研究、考察は素晴らしく、近代文学の入門書、専門書として捉えることもできます。

銀座、上野、四谷取り上げられている街に行って、できれば酒場でひとり呑みながら読みたくなりました。

エンタメ系の小説のようなスピード感や疾走感はありませんが、じっくり向き合いたい本です。

記事タイトルから取り上げていますが、好きなのは中原中也それから尾崎翠に宮沢賢治となっております。

太宰は少しだけ…苦手です。

某アニメで大好きな中原中也の声がGRANRODEOのボーカルさんでものすごく喜んだのは内緒の話(笑)

---
おまけ

銀座MIKIMOTOさんのクリスマスなウィンドウに遭遇しました


賑やかなツリーも魅力的ですが、ちょっと変わった感じのツリーもいいものです。

2017年12月11日月曜日

アフターケアもしっかりと

マラソン後、食事をしに立ち寄ったのは行きつけのお寿司やさんです。

おもちゃのまちのお蕎麦屋さんに行ってみたかったのですが、こちらのおすしやんさんも大好きでしたので、お蕎麦はリベンジに燃えることにしました。

日曜日のランチとあって予約も多数入っている模様、マラソン仕様の恰好で入店したため、お店の方に「??」な顔をされましたが、お料理や接客が立てこんでおりツッコミは回避されました。


ごつい湯呑と箸袋に店名が記載されているところが街のお寿司やさんぽいです。

やっとありつけた瓶ビールが走った後の身体に染みわたります。大瓶万歳!結果的には2本呑みました。

さて、つまみからということで旬の白子と鮟肝を…食べたのは下戸の母です(笑)


お酒呑みの私より冬の酒のつまみの代表格であるこの二品が好物の母、自分のほうに引き寄せて食べてましたが、盗りませんので安心して欲しいです。(白子と鮟肝、自分は苦手でして。母もそれをよく知っているのに引き寄せるという 苦笑)


どちらも大変美味しかったそうです。

いつものサラダを少な目で対応していただきました。生ものだけでなく、野菜が食べられるのは嬉しいです。


私のつまみは刺し盛りでした。こちらも少な目ですが、まぐろ、〆鯖、活きダコ、鯛に青やぎと美味しいところをチョイスしてくださいました。

酒呑みの少食ということを配慮していただき恐縮です。


エビは仲良く1本ずつ、焼き立てであつあつ、弾力があって香ばしく日本酒が欲しくなりました。


頭の部分も固いところと目を覗いて齧ると濃厚な味が広がります。


〆のお寿司はお好みでお願いしましたが、母の数の子×4にお酒を飲まないにしてもプリン体が気になったところです。

ふたりで分けたトロ巻もよくお願いする1品ですが、安定の美味しさです。

マラソン後のタンパク質補給をしっかりして、大満足です。


-----
おまけ

後日、あまり日を置かず再訪してしっかり「あの時の恰好は?」というつっこみをうけました。
冷え込んだ夜だったのですが、お寿司やさんに入ってすぐのオーダーが鍋みたいなものという(笑)


寄せ鍋、美味しかったです


2017年12月6日水曜日

しっかりと備えて

マラソンの前日、買い物がしたくてアウトレットを訪問しました。

クリスマスシーズンの土曜日ですが、仕事後、夕暮れ時の時間だったため、

帰るお客さんが多くスムーズに駐車&ゆっくりお買い物することができました。

敷地内の要所要所にクリスマスツリーやイルミネーションがあり、ムード満点、

回りは田んぼですがここだけは別世界です。


シューズは履きなれたものがよいので、それ以外のものを少し慎重したかったのです。

何せ生Qちゃんですから!

NIKEでランニングタイツ、それと防寒用のコートを購入しました。

コート、光の加減でツートンのように写ってますが実際は一色です。シューズも紫なので色を合わせてみました。


寒さ対策ばっちり、準備完了です。

買い物でテンションを上げ、最後の備えとして栄養補給もしました。

アウトレット同様佐野にある焼肉やさん「亀山Power」さん、ホルモンが充実しています。

通うように合ったのは最近ですが、美味しくすっかり母のお気に入りのお店のひとつになりました。

ホルモン以外のお肉もあり、なんといってもラムがあることが私的には重要事項となっております。


生ビール、走る前日なので控えめにとはありますが、ソフトドリンクにはいけません(苦笑)


白菜キムチはついつい手が伸びます。


このお店は枝豆がお通しです。つめたーいのではなく、温かいものが出てくるところがいいなと思います。

いつも食べすぎないようにしないとと思うのについつい摘まんでしまう…by母

このお店にくるたびに上記のセリフをつぶやいています。


野菜不足解消にざく切りキャベツも注文しました。思った以上に山盛りでびっくりです。

生で食べたり、七輪で炙ったりして食べました。


お肉、まずは上たん1人前から、焼きました。


ホルモンはコブクロです。見た目はあれですが食感が楽しい部位だと思います。


ビールの後は白のデキャンタにしました。最近、焼肉屋さんでビールから白とい流れが多いです。


焼きは続きます。カイノミが売り切れだったため、ハラミにしました。


柔らかく、お肉を食べているという気分になります。

この他、塩ラムなども焼きました。

母の〆はカルビクッパ、私の〆は家に帰ってからの缶ビール(笑)です。

翌日の大会でタイム更新ができたのはQちゃんと防寒とお肉パワーの恩恵と思います。




2017年12月4日月曜日

2017年はこれがラストとなります

11月はお休みの日なのにそういう時に限って雨ということが続いていた印象です。

心配していましたが、先週あたりからやっと晴れ、この土日はいい天気となりました。

お天気を心配していたのはマラソン大会があったからです。

10キロの部に参加しました。


 当日、電車でシャトルバスの出る駅まで移動、車内には自分同様ランナーと思われる方がちらほら。

朝の早い時間は曇っていましたが、だんだんと陽がさしてきて、気温も上がってきました。

風もなく、絶好のマラソン日和です。

受付後、時間があったので会場を散策しました。黄色のアーチ、反対側に「FINISH」の文字が印字されています。


ブースもいくつかでていました。「かみなり汁」は海苔がかみなり雲、かんぴょうの卵とじを稲妻に見立てたものです。

かんぴょうは栃木の名産のひとつ、レース後に頂きましたが優しい味わいでとても美味しかったです。

朝、ボランティアの中学生さんたちが一生懸命準備してくれているのを見たので美味しさもより一層です。


その他、近隣のお蕎麦屋さんややきそばやさん、もつ煮にカレーなどのお店が出ていました。

応援の母はこちらで新蕎麦をいただいておりまして…レース後に行きたいお蕎麦屋さんがあったのですが、蕎麦はもういいと断られ残念無念です。


そうこうしているうちに開会式が始まります。

この大会の目玉はなんといってもゲストです!生Qちゃん!!


もうこれだけでも満足なのですが、スタート地点でものすごく間近に見ることが出来ました。

アップや靴ひもチェックで盛り上げてくださいます。


コースは平坦、農業用水ようの川や田んぼの合間、街道などを走っていきます。

途中、地元の方や走路係の方の応援に励まされました。

また、Qちゃんが途中一緒にはしってくれたり、苦しくなる7キロあたりでハイタッチがあったりと走るのがとても楽しいです。

結果は56分台、前回の渡良瀬からまた少しタイムを縮めることが出来ました。

それ以上に怪我なく完走することが出来てほっとします。


参加賞はタオルと干し芋でした。

2017年に参加する大会はこれがラストです。ラストを飾るに相応しい大会だったと思います。

会場のスタンド席はいっぱい、レジャーシート持参で観戦というとてもアットホームな大会でした。

来年は自分もシート持参しようかしら。今から次の大会が楽しみです。

とはいえ、1年後のこともですが、年明けには館林や古河に参加する予定なので、のんびり練習を続けていきます。

---------
おまけ


クリスマスツリーシリーズ@佐野アウトレット

イルミネーションの季節ですね。マラソンの前日お買い物で立ち寄りました^^

お買い物やマラソン前後に伺ったごはんやさんはまた今度

2017年11月30日木曜日

デパートと鉄道と居酒屋

何年?何十年か振りに東武デパートに行きました。

宇都宮のです。池袋は何かにつけていく機会もあるのですが、宇都宮は自分にとって近くて遠いそんな位置づけです。

今回は1周忌のお返しを購いに行きました。

お昼過ぎに到着、ざっとギフトコーナーを廻ってから作戦会議がてらお昼をとるため、

レストラン街に移動、北千住にもある和食のお店やさんがあったのでそこにしてみました。


北千住のほうのお店は未訪、ですが素敵なお店構えなのでいつか行ってみたいと思っています。

入口脇のディスプレイが綺麗です。お膳が中心ですが1品料理もいろいろあるようです。


テーブル席が中心の店内ですが、お鮨のカウンターもありました。


お昼から呑む気まんまんなので、一品料理をチェックします。


 お膳は盛りだくさんな様子です。


冬らしいメニューを発見!今年はブリの脂ののりがいいようです。


瓶ビールとお茶で乾杯しました。お菓子はつけるとして、タオル、お盆、写真立てとあーでもない、こーでもないと(苦笑)


お通しはなんだかジェラートのようにも見えますが「かわり豆腐」でした。胡麻はすぐ検討が付きましたが、薄ピンクのほうはなんと紫イモとのことです。

お通しがしっかりしたお料理として成立していると嬉しくなります。


酒呑みのアテ、自家製の塩辛は磯の香がします。塩梅がよくて「あたり!」な塩辛でした。


母の刺身御膳はなんだかいろいろ盛られていて賑やかです。


茶わん蒸しと、湯葉うどんまでついていました。お通しといい、お豆腐料理に自信があるお店のようです。


いろいろ分け合って食べましたが、もう一つのメインはブリしゃぶ(1人前)にしました。


ブリがつやつやで見るからに美味しそう、実際とても美味しかったです。みぞれにしたのでさっぱりといただけました。

この後、無事買い物も済ませ、ほっと一安心、久しぶりの宇都宮東武を楽しみました。

と、少し前のことになりますが、北千住東口の居酒屋さんに行きました。

縄のれんと提灯が渋いお店、好きな雰囲気です。


老舗の居酒屋、昭和44年からの経営だそうですが、実は「東武食品グループ」のお店なのです。

外観同様、店内も渋い雰囲気、カウンターも良い感じに年季が入っています。


魚料理が中心に居酒屋の定番メニューが並んでいます。



お鍋もあります。お店のおねぇさんに忘年会の相談をしている方もいました。


ビールはアサヒです。東武の終点、浅草駅にそびえるビルを思い出しました。


心地よいざわめきの中、いただいたマグロ、自慢のお刺身のトップを飾るだけあってとてもよかったです。


外に出て少しあるくとスカイツリーがぼんやりと光っています。

そこかしこに東武です(笑)

長いこと西武ユーザーですが、東武もやっぱり好きなんです。


-----------
おまけ

東口にあったサンロード跡

「P-KUN CAFE」というお店がオープンするようです

https://townwork.net/detail/clc_0384064013/