2017年3月30日木曜日

○○屋さんのやっている○○

お肉屋さんが経営しているステーキハウスとか、

八百屋さんが併設しているジュースバーみたいな

所謂「○○屋さんのやっている○○」

期待値とわくわく感が増してしまうのは私だけでしょうか。


おもちゃのまちの東口にあるこちらは「魚屋さんがやってる和食やさん」です。

メニューのお勧めにはお魚が豪華にラインナップされています。


家でお魚を食べる機会が減ったという母とふたりで訪問しました。


お勧めにあったものを単品で注文したところ

豪勢に盛り合わせで提供されました。

この日は中でもしまあじが特に美味しかったです。

さすがお魚やさんの経営とあって鮮度抜群!


煮魚は私には若干甘目に感じましたが、

母には「このくらいしっかり味が決まっているほうが煮付けの味付けとして正しい」と好評でした。

なるほど、勉強になります。めもめも。

おすすめ以外の通常メニューもすごく充実しており、

どれも美味しいため毎回注文に迷います。



もう少しゆっくりしたかったのですが、この日は歓送迎会のシーズンということもありお店がとっても忙しそうでさくっと切り上げました。

飲物のメニューはこんな感じです。


生ビール(大)に挑戦しようと毎回迷うもやっぱり瓶ビールにいってします自分は優柔不断です。


掲載されていませんがノンアルコールビールもありました。

お昼営業もあるため、定食でランチも人気で近隣の学生さんや会社の方で賑わうそう。

中休みをはさんで夜は17時からの営業です。

お店を出る際につぎは何時来ようかと相談してしまうお店です。







2017年3月28日火曜日

思わず頷きながら

酒場のカウンターでの読書が好きです。

ざわざわしているのでそれほど難しい本には集中できないため

軽めのエッセイをよく選んで読んでいます。

とくに女性が著者のものでお酒や食べ物、本の話が気に入っており、

文章に対して「あー、うん、うん。わかる!私も好き!」とか心の中で会話し、

頷いたりしているとまるで友人と飲んでいるかのような気分になるのです。


最近のお気に入りの2冊はこちら。



表紙にもうやられてる。

川上さんの本は小説も好きです。

文庫の「真鶴」があまりに読み返し過ぎてぼろぼろになっているのでそろそろ買い替えを検討しないと。


年期の入ったカウンターには瓶ビールやボール(焼酎ハイボール)が似合いますね。



2017年3月27日月曜日

再訪ラッシュしています

新しいスタートをきられた古河のイタリアン「くるみの木」さん。

再オープンまでの間待っていた反動か初訪問からかなりのペースで再訪しています。

母とふたりやっぱりここが美味しいねで意見の一致をみるのも毎回の事となりました。

イタリアンですが、最初に提供されたのがきゅうりの浅漬けというね。

でもきっちり美味しく決まっているところがすごいと思います。


白ワインなみなみでお願いしました。


オープン後からの変化です。

メニューが出来てました!ドリンクメニューは奥様のお手製です。


お料理のメニューはお客様が作ってくれたものとのことでした。

こういうところからも愛されているお店なんだなとほっこりした気持ちになります。


写真つきでカラフルな可愛らしいメニューです。

ちゃんとパウチまでしてあるので汚れる心配は少なくていいですね。


この他黒板のおすすめメニューも健在です。

物珍しくメニューも眺めるものの、頼むものはほぼ同じというのが我が家なのですが。


自家製のソーセージには肉の旨みがギュッーと詰まっています。

キッシュはほぼチーズという濃さであつあつです。


サラダはマスターと相談して少な目にしてもらいました。

そういった相談にも気軽に応じて貰えます。


グランドメニューから仔牛のカツレツです。


もうひとつグランドメニューから生ハムとアスパラのオレンジソースです。


一度の訪問ではなく、2、3回訪問して頼んだものをまとめてアップしております。

マスターはいついってもべらんめぇ口調で笑いが絶えません。

母もマスターの口上に大うけしておりました。

次の訪問がいまから楽しみです。


グルメサイトにお店を登録しましたが、

反映まで時間がかかるかもしれないので、住所を参考まで。

〒306-0023
茨城県古河市本町3-18-33

日本酒の「御慶事」青木酒造さんのご近所です。



2017年3月26日日曜日

開催中です。ピンクが綺麗。

梅は咲いたが、桜はまだかの声が聴こえてくる時期になりました。

東京は開花宣言は出たとはいえ、満開にはまだ時間がかかりそうな雰囲気です。

そんな中、見ごろを迎えているのが桃!

古河で開催中の桃まつりに行ってきました。


桃のピンクは濃い色なので桜とはまた違った華やかさがあります。

ひろい公園のそこかしこに桃が咲いており、ゆっくり散策しながら鑑賞することが出来ました。



空の青に桃のピンクがとてもよく映えます。

古河の物産品や屋台も出店しており、花より団子のグループもちらほらと。

テーブルの用意もありますが、数が少ないので座って楽しみたい場合はレジャーシートなどを持参するのがよいかもしれません。


甘露煮は茨城や栃木県南の名物のひとつですね。



私のお目当てはこちらの日本酒です。

古河の蔵元さんのお酒で、まるでワインのようにフルーティーな味わいの純米吟醸でした。

ただ、先日テレビで紹介されてからかなりの品薄状態とのことで、この日も一升瓶はもう売り切れ、量り売りにぎりぎり間に合いました。もう飲めないかもしれません。クスン。



会場では気球にのる体験も。たしか1000円でした。

この他、ステージでのパフォーマンスや人力車などのアトラクションがあり、

とっても賑やかです。


桜の前のお楽しみにいかがでしょうか。

2017年3月23日木曜日

おしゃれなお店にはしゃぐ

普段は赤ちょうちんのカウンターが定位置の私ですが、この日はお洒落な雰囲気に満ちたお店にお邪魔しました。

場所だって銀座です。

女子2人でシャンパンをお願いしました。

この日は貴重な飲み仲間でいてくれる方と一緒です。

私とは異なり、普段から自然にお洒落なお店に溶け込むことのできる素敵な女性です。

春らしい色ということでロゼのシャンパンからスタートしました。

お洒落なお店ですが19時までのシャンパンサービスタイムがあるのが嬉しい限りです。


甘くなく、スッキリとした味わいのロゼでした。

東京の桜の開花宣言も出て、これからはピンクを目にする機会がぐっと増えそうです。


カウンターにあたる照明の光の加減で泡が綺麗に移ります。

こちらのお店、ワインの提供はプリペイドカードによるチャージ式となっております。

500円がデポジットでその後1000円単位で課金しておき、

マシンにカードを入れて、グラスに注ぐというシステムです。

このカードを入れて、ボタンを押してというのが妙に楽しく、

やる度におおーと感心しきりでした。


ブラックのカードがかっこいい。

ワインを注ぐ量も選択できるため、少しずつ色々試すことが出来るのもよかったです。


お料理もおしゃれでした。

旬野菜のバーニャカウダは立体的な盛り付け。

普段、うめきゅうとかもろきゅうなんですけど。

ワインバーですが系列にレストランがあるためお料理もしっかりしています。


お魚料理でカルパッチョや一番人気というサーモンのミルクレープを。


チーズは2種盛りをお願いしたところ、5種類の中から選択することができました。

ドライフルーツやクルミも一緒に提供されており、

ついつい手が伸びます。


ワインは細目に入れ替わるので、何度来ても新しい発見がありそうです。

チャージした金額は無期限で有効とのことなので、

おしゃれな気分に浸りたくなった時にまた再訪しようと思います。

2017年3月21日火曜日

海はないけれど

栃木って海なし県ですが、お寿司屋さんの件数ではかなり上位にランクインするらしいです。

美味しい魚介を堪能できるお店に行ってきました。

両親がある日目にとめて入店し、それから家族で通っています。

畏まらないで過ごせる街場のお寿司屋さん。

びしっとした高級なお寿司屋さんも憧れますが、

呑んでつまみが主体な自分にはこっちのほうが好みです。


瓶ビールはキリンとアサヒの2本立てです。

なので瓶とコップがちぐはぐなことに。


呑むひとにはお通しが付きます。

ほたるいかの季節になりましたね。

お刺身で鯛を頂きました。


焼き物は小さな焼き台をセットして目の前で仕上げられます。


ほたてとサザエがぱちぱちいう音を聞きながらの食事です。


野菜もということで海鮮サラダをお願いしました。


この他、母が焼き牡蠣を頼み、自分はお酒をもう少し。


お好みの握りは母用です。

しゃり小さ目でお願いしていました。

何気にお皿がかっこいいのもこちらのお店の魅力のひとつと感じています。

大体ふたりで7000円くらい。

家族で通えるお店がある幸せを噛みしめました。

*最寄駅は野州平川というけど歩くのは無理かと。



2017年3月14日火曜日

温かく、ありがたく

3月14日はホワイトデーですね。

昨夜自分もお菓子売り場に立ち寄りお返しをいくつか購入しました。

男性のお客様もみなさん真剣に選んでいた様子です。

職場でたくさんの心遣いを頂きました。


こんな大きなものまで!30枚入りです。


ひとり占めは罰が当たりそうなのでみんなで分けることにします。

ありがたや、ありがたや。

2017年3月13日月曜日

流行りの手法とこだわりと

一週間の仕事が終わると美味しいお酒が飲みたくなります。

うそです。

いつ何時でも飲みたいのが本音です。

とはいえ、やっぱりお仕事お疲れさまのビールは格別でして。

どうせならより一層美味しいビールが飲みたいということで、

北千住にあるクラフトビールのお店に行ってきました。

思わず熟読したくなるメニューです。

ビールの名称も凝っていて試してみたくなる感が高まります。


店主さんがアサヒビールご出身とのことで基本のビールはスーパードライです。

一杯目にバナナの香りたつフルーティーなものをオーダーしました。

色合いもどことなくバナバ色です。


お料理はビールに合うものがいろいろ。

ピクルスは4種類の味が楽しめます。


盛り付けもきれいなスモークサーモンとサラダでますますビールが美味しく感じました。


スペアリブはボリュームにびっくりです。


こちらは基本のスーパードライです。

すっきり爽快なのど越しにくーっとなりました。


このほかもう一杯スモークヴァイツェンもオーダーし、計3杯のビールを飲みました。

どのビールも個性的で店主さんのこだわりが感じられるお店だな毎回のように思います。

クラウドファンディングというここ最近耳にするようになった手法を取り入れスタートされたお店ですが、ちょうど1年が経過したようです。

店内にお祝いのお花が飾ってありました。

これからも末長く続いて欲しいお店です。

2017年3月11日土曜日

あの日、あの時

今年も今日がやってきました。

3.11

https://fukko.yahoo.co.jp/

yahooさんが企画されている「検索は応援になる」で

3.11を検索しました。

このくらいの事しかできないけれど、

あの日、あの時のことを忘れないために。




2017年3月10日金曜日

新装開店おめでとうございます

家族で大好きなイタリアンのお店です。

昔、古河の駅前にあり、移転し、この度また古河に戻ってきました。

新しいお店はカウンター6席と座敷2席と以前と比べると小さなお店になりましたが、

アットホームさが増してあたたかな雰囲気です。

マスターとお喋りしながらワイワイ楽しく食事ができます。


イタリアの国旗が掛った入口を入ります。

なぜか店内入ってすぐ右手にピアノが鎮座しているという謎です。

マスターの音楽好きが反映された結果なのでしょうか。


オープンしたばかりで少し雑然としていますが、そこはたぶんご愛嬌でしょう。

カウンターに母とふたり並んで座り、料理する様子を眺めながら食事しました。


グラスの白をお願いしたらもりもり。

グラスは500円~あります。

ボトルは2500円くらいからとのこと。

「6万のもあるけど絶対だれも注文しない!2階に置いてある!」

このマスターの言葉に店内大爆笑でした。

お料理はパスタやピザの他、仔牛のカツレツ、魚介など。

黒板メニューもありますがマスターにお任せもできます。

さっと作ってくれたおつまみがこちらです。


飾らない料理がとても美味しいです。

看板メニューのひとつである自家製ソーセージもきました。

盛り付けが豪快というかなんか傾いてますが気にしません。


生ハムのサラダも大好きです。


お肉が続いてしまったので、海老のお料理もいただきました。


かなりお腹いっぱいになりました。

キッシュも出たのですが、私はアルミホイルを借りて持ち帰りにしました。


そんな状態にありながらも「パスタも作ろうか?」の一言(笑)

間髪いれずにもう無理です!と辞退し、次回にお願いすることにしました。


お店の名前はこちらです。


広めの駐車場完備、古河の駅からも徒歩圏内です。

大好きなお店、これからもたくさん通います。