2017年9月22日金曜日

レーンは休止中、回りません

さっと食べられるファーストフード、現代のそれの代表格はハンバーガーショップや立ち食いのお店でしょうが時代をさかのぼるとあがってくるのはお寿司でしょうか。

仕事を家の用事で少し早めに上がった日、母と合流して食事に訪れたのは回転寿司やさんです。

回転寿司では少しお高めの価格設定ですが、その分美味しくランチタイムから通し営業なので使い勝手がよく助かっています。

お店は茜屋すしぎんさん、栃木で2店舗あるそうですが、この日は西川田のお店に訪問しました。


時刻は15時半過ぎ、さすがにこの時間かつ平日ですとお客様もまばらです(人気がないわけではありません)。

レーンはお休み中、ベテランらしき職人さんが注文してくださいね~とにこやかに対応してくれました。

なぜかこのお店を利用するときはこういう中途半端な時間が多く、何度も利用していますが回っているときのほうが少ないです。

例え回っている場合でも注文すると快く対応してくださり、そういうところも母は気に入っているようです。


ビールが秋味でした!期間限定で得した気分になるお手軽な自分であります。

本日のおすすめメニューにはおいしそうな秋の味覚が並んでいました。


グランドメニューはカラフルでとっても豊富です。




食べたいものをお刺身でお願いしました。

今年は本当に鰯がおいしいです。


母のオーダーしたお料理はふぐのから揚げ、お品書きを目にしてきっと頼むだろうなと予想していたら案の定でした。


カラッと上手に揚がっていたそうです。

回転寿司で、きちんとお料理もおいしいのは嬉しいなと思います。



秋味を飲み干して日本酒を、栃木のお酒「虹乃井」すっきりとした中に旨味があります。

飲んべぇがばれたのか残り僅かだったため、お会計のお皿にこぼれるほど注いでくださいました!


コハダ巻きのつまみや握りなどをサクッと、日本酒をくいっとでごちそうさまです。

我が家のファーストフードの定番は回ってるはずのお寿司と相成りました。





2017年9月16日土曜日

徒歩10秒の距離を移動

お仕事が早く上がれた日、の知人とビールを飲みましょうと約束して御茶ノ水で待ち合わせをしました。

御茶ノ水といえば学生の街、楽器の街、そしてニコライ堂です。


バックに写るクレーンとビルがなんともシュールです。

この日のお店は比較的新しい施設であるワテラス、御茶ノ水のも再開発で新しいビルが増えました。


はい、ビール!ではなくてスパークリングなのは早くついてひとりゼロ次会を決行したからです。


ワインがずらりと並ぶおしゃれな雰囲気のお店です。


まだ夕方になったばかりの平日なので店内には自分ひとり、ぼーっとしていたらお店の方が話しかけてくれました。

曰くこちらのお店はワインの輸入販売を行っているそうです。主力製品を試飲させてくださいました。


上記以外にもあと2本ご紹介いただき、〆にグラスの白を1杯で終了です。

とってもいいお店だったので今度は1軒目で行きたいと思います。


そして本命のビールのお店へ、実は先程のワインのお店のお隣で、

徒歩10秒足らずでのはしご酒と相成りました。


メニューにはクラフトビールがずらりと並びます。

国内のものから海外のものまで、約30種類の樽生クラフトビールが楽しめるという

素晴らしいお店です。

味の特徴やアルコール度数、苦みの強さなどが紹介されているメニューは

ビール素人にとっては分かりやすく助かりました。デザインも素敵です。



最初の1杯は大山Gのヴァイツェンです。苦みが少なく、フルーティーで飲みやすいビールでした。

お料理もハムなどの前菜からメインまで、ビールに合うものが提供されています。


盛り付けおしゃれで今風にいうフォトジェニックなものばかりでした。

知人と一緒なので写真はバチバチ取らずにおしゃべりと美味しいビールに

集中しております。


マラソンをやる人なので、出場検討中の大会の話をしたら次の日エントリーしましたとの連絡が、とってもアクティブなお人柄です。

別れ際、また飲みましょうと約束をする楽しい時間でした。



2017年9月12日火曜日

定説を気にせず飲みたいものを

パリ、フランス料理の世界を舞台にした漫画を仕事の休憩時間に読んでしまい、

ワインが飲みたかった日でした。

読んだのはこちらの漫画です。

Artiste / 著)さもえど太郎 

10月に2巻がでるので続きが楽しみでなりません。


この日は私用で仕事後の実家、母との夕食、

普段ひとりだと行けないお店がいいということで最終的に決まったのが焼肉でした。

前回は焼肉で訪問した栃木市の「おおつか」も候補にあがりましたが、

今回は佐野にある「亀山Power」というお店にしてもらいました。

いつもはお酒が飲めればどこでもという私がどこかを指定しるのは珍しいので、

ちょっと驚いていましたが理由はワインが充実しているから。

結局はお酒なのねと呆れられるのは慣れっこになっています。

亀山Powerさんは何度か訪問しており、お肉が美味しいと母も気に入っています。

王道のお店というより、赤身やホルモンに重点を置いたいまどきのお肉やさんです。

お肉には赤が定説なのでしょうが、白が好きなので。

呑みたいものを自由に飲みます。


お通しは枝豆でした。お通しとはいえ、茹でたてで出していただけるのが嬉しいです。


メニュー、ワインのメニューは別でリストであるのですが撮り忘れです。





お肉は定番ものもありますがやはり主役は赤身やホルモン、ラムもあります。




字面ではどの部位なのかよくわかりません。

なので、メニューにちょっとした説明があるのはすごく助かります。

また、お店の方も親切で、焼いていると「あ、今が食べごろです!」などアドバイスしてくれて初心者にも安心でした。




お酒以外のオーダーは母に任せました。

野菜メニューの白菜キムチとサラダからスタートです。



お肉はいろいろな種類が食べたいとのことで全て1人前です。


タンとラム(タレ)です。


馬刺しと牛、羊、馬と種別もさまざま入り乱れています。


厚切りのお肉も食べました。

カイノミだったかなと思います。

サシが入っていなくても柔らかくて食べごたえがありました。


この他、母はお気に入りのコブクロをオーダーしていました。

独特の歯ごたえが好きなんだそうです。

ワイン欲が満たされた後は洋酒気分のままハイボールを飲んでいるとお店の方が

話かけてくれて、母がひとりで行けないからと久しぶりに娘がきたのでというと、

おひとりでの来店でも、カウンターがありますし大丈夫ですよーと。

笑顔の対応、とてもありがたかったです^^

次回は何を食べてみようかなという気持ちでお店を後にしました。


------------
おまけ

駅前だと、電車で行けるのがいいですね。

開催期間も4日間あるし、どこかで参戦したいと思います。

呑んだ分、きっちり運動もしないといけません。

9月、10月で出場するやつは決めていて年内もうひとつくらい出れたらいいなと思います。


2017年9月8日金曜日

縁起のいいお店

言わずと知れた、七福神の一柱、釣竿と鯛とくれば、そう、エビスさまです。

そんな縁起のよいえびす様に出会えるお店を訪れました。

美味しいビールにも出会える場所でもあります。


予定しての訪問ではなく、偶然の訪問というか、目当てのお店が何のタイミングか

ちょうどよく満席で、お店の方にアイコンタクトをして、

ちょっと時間を潰してまた来ます、と告げ、

どうしようかと思案したところ、こちらのお店があるのを思い出しました。

偶然とはいえ、美味しいビールを飲むタイミングは逃せません。



輝くビアサーバからビールブランド直営の気合を感じます。

ラインナップもとても豊富、全部といきたいところですが、

そこまで強者ではありあませんので迷ったら左上の法則に従いました。


見ただけでわかる泡の滑らかさでした。

1秒でも早くありつきたく、サーバ前のカウンターに座る意地汚さが報われる瞬間です。


こんな可愛らしい、えびす様に見守られながら頂きます。

大漁にご満悦といったところでしょうか。



ちょっとしたアテに、ザワークラフト風キャベツの浅漬け、

これがさっぱりした中にクミンの風味がきいていてすごく好みでした。

家でさっそく真似してます。


もう1杯は余裕かな、ということで2杯目にはエビスマイスターを、

こちらの泡もやはり素晴らしいです。

香りがぶわりと広がる芳醇な味わいでした。


思いがけず美味しいビールを堪能できたひと時、

えびすさまのお導きだったのかもしれません。



2017年9月4日月曜日

若き日の思い出

そのニュースを知ったのは6月上旬のことでした。

雑貨ブランド「SWIMMER」「chocoholic」が2018年1月を以って終了するというニュースです。

なんじゃそりゃと思う方も多いと思いますが、

自分と同世代の女子であれば小中高校時代に渡って

このブランドの雑貨をなにかしら持っていたという子は多いのではないでしょうか。

賑やかでキュッチュなプリント、デザインは可愛らしく、ポーチやペンケース、

手鏡などを購入した覚えがあります。

年を重ねて、可愛すぎるデザインから遠ざかってしまいましたが、

いざなくなるとなると寂しいものです。

6月のニュースの時点では、ショックではありつつも今更買おうという気までは起きなかったのですが、閉店の文字に誘われました。



で、しっかり買ってしまったのです。

購入した商品を入れてくださる袋からしてこのデザイン、

ちょっと気恥ずかしく、たまたま持っていた仕事で貰った紙バッグに突っ込みました(紙バッグに入れていた資料は手持ちになりましたが、些細な問題です)。


価格は10代の子でも手の届く範囲なので、それほどではないのですが、

作りはしっかりしています。

以下、今回の購入品をつらつらと…

・さくらんぼ柄の長方形型ポーチ

マチは2cmくらいでしょうか。
普段持ち歩く化粧ポーチとして標準かやや大き目くらいのサイズです。

・楕円形のポーチ

小さ目で、ポケットティッシュとハンカチ、スマホ、あとはリップクリームか目薬いれてちょうどくらいのサイズです。


・楕円形のポーチ 2個め

上記のものよりもう一回り大きいサイズです。

旅行の時にこまごました小物を詰めていくのにぴったりな大きさかなと。


・お弁当とかで、デザートとか入れていくような容器 2個

赤は丸型、青は四角型です。

蓋にポッチがついていてしっかり密閉できる仕様になっています。

女子力の低い自分はフルーツなど詰めてお弁当と一緒にはしません。

普段ちょっとのこった漬物とか入れることになるのでしょう。


結構、買いました。

このブランドを欲しいなと思っていた思春期の頃には出来なかった大人買いです。

6月の時点で一度購入を見送った分、閉店の文字で煽られたのかもしれません。


---------------

おまけ

若き日の思い出に浸る大人買いは楽しいですが、

大人になってからの大人買いは事務的でさえあります。



こんなんばっか。

ストッキングは消耗品なのです。